What's New

6/9 鈴張神楽団のプロフィール動画を制作しました。

4/25 上演予定を追加しました。

2013/2/8 

ホームページ開設

八岐大蛇(やまたのおろち)


  はるか昔、度重なる悪行により高天原を追われた素戔鳴尊が、出雲の国 簸の川の上流で嘆き悲しんでいる親子と出会いました。

素戔鳴尊が、親子にその訳を聞いてみると「八岐大蛇という怪物が年ごとに現れ、娘を一人ずつ取り食らっていき、ついにはこの娘を残すのみとなった。」というのです。

それを聞いた素戔鳴尊は、娘の櫛稲田姫を自分の嫁に差し出すことを条件に大蛇退治を約束します。

 そして、老夫婦に毒酒を作らせ、大蛇がその酒を飲み酔い伏したところに剣を持って大蛇へ立ち向かいます。

壮絶な戦いの末、大蛇を退治すると一振りの剣が出てきました。

その剣を天叢雲剣と名付け、天照大神に献上するというお話です。