What's New

6/9 鈴張神楽団のプロフィール動画を制作しました。

4/25 上演予定を追加しました。

2013/2/8 

ホームページ開設

日本武尊(やまとたけるのみこと)  

 

 12代景行天皇の第二子・倭男具那命は、勅命を受けて九州熊襲の国で権勢をほこり民衆を苦しめる豪族の首領・川上梟師一味の征伐に向かいます。梟師の館ではちょうど館の新築祝いの宴が催されており、命は一計を案じ旅の女に身を変え酒宴に臨み、酔いつぶれた梟師を討ち取ろうとする。梟師は命と一騎打ちとなるが、ついに命の強さに倒れてしまう。死の間際に「わが西国にあって我に勝るものはいないと思っていたが倭の国に命のような勇者もいたのか。これよりは我が名を一字取り、日本武尊と名乗りたまえ」と言い残して切られる。  倭男具那命はこれを承諾して、以後「日本武尊」と名を改めます。