What's New

6/9 鈴張神楽団のプロフィール動画を制作しました。

4/25 上演予定を追加しました。

2013/2/8 

ホームページ開設

滝夜叉姫 (たきやしゃひめ)


 平安時代後期、平将門は天慶の乱を起こし関八州を席巻するが、平貞盛・藤原秀郷らによって討ち取られ世を去った。将門の遺児である「五月姫」は、父の仇を討たんと京へ上り、貴船の宮代に祈願を掛けた。満願の夜、身も心も真っ赤に染まりついに妖術を授かった五月姫は、名を「滝夜叉姫」と改め、反逆の烽火を上げんと下総の猿島の地に砦を築く。

 悪行甚だしい滝夜叉姫を討伐せよとの勅命を受けた陰陽師「大宅中将光圀」が、滝夜叉姫に立ち向かうが、姫は怨念の塊となって鬼となる。激戦の末、光圀は陰陽の術をもって姫の妖術を封じ、調伏するという物語。